少し前に、うま味調味料「味の素」に関することを、インスタグラムにアップしました。

その時、「味の素は脳への悪影響があるので、子どもには使わないほうが良い」と健康への影響を心配するコメントをいただきました。

同じように、味の素は危険だという噂を耳にした方や、なんとなく危ないイメージがあるという方もいると思います。

実は私も、どこかでそういった噂を聞いたことがあり、以前はなんとなくネガティブなイメージを持っていました。

しかし、味の素の主成分であるグルタミン酸ナトリウムは食品衛生法によって「食品添加物」の「調味料」に分類され、安全性試験をすべてクリアしています。

また、国際的機関である国連食糧農業機構(FAO)、世界保健機関(WHO)のFAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)などによっても安全な食品添加物として認められています。

味の素にグルタミン酸ナトリウムと一緒に配合されている、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムも同様に安全性が認められています。

グルタミン酸ナトリウムのグルタミン酸は昆布や母乳にも含まれるうま味成分です。

ナトリウムは、塩(塩化ナトリウム)のナトリウムと同じです。

ちなみに、イノシン酸はかつおぶしなど、グアニル酸は干ししいたけに含まれるうま味成分です。

どれも、私たちが普段の食卓で食べている食品に含まれるものです。

念のため、メーカーさんにも確認しましたが、味の素は妊婦や赤ちゃんにも安心して使用できる調味料だそうです。

DB114C16-8472-468D-9365-19F01417A2E0


また、味の素が脳に悪影響があるかという点についても、そのような事実はありません。

食べたグルタミン酸は、腸管や肝臓で代謝されてしまいます。
また、脳には血液脳関門があるため、血中のグルタミン酸が脳の中に入っていくことは出来ません。

また、ネット上では、味の素の使用により味覚が低下するというような情報も見られました。

もしも、味の素を非常に大量に使用したら、食べ物そのものの風味を損ねたり、強いうま味の刺激で味覚が低下する可能性はあるかもしれません。

でもそれは、塩や砂糖も同じで、すごくしょっぱいものや甘いものを食べた後は、一時的にその他の味を感じにくくなったりしたことがあると思います。


また、味の素の使用量の目安は、味噌汁4人分に2ふり(0.2g)程度であり、この量で味覚が低下することはまずありえないでしょう。

もちろん、この量を多少超えて使用しても、味覚が低下することはないのですが、ほんの少しで十分うま味は感じられるので、ご自身の適量を見つけていただくと良いと思います。

昆布だしのグルタミン酸は自然のもので、味の素は人工的に作られたものだから、なんとなく危険なイメージを持ってしまうという気持ちは、私もわかります。

でも、冷静に科学的に考えると、人工的につくられたもの=体に良くない、自然のもの=体によい、と単純に判断できるものではありません。


ページの最後に、味の素の安全性に関するページのリンクを貼ってあるので、さらに気になる方は御覧ください。

※今回、この記事を書くにあたって、メーカーの味の素社にも、安全性について問い合わせさせていただきました。

********

私が、今回、このような記事を書いた理由は、皆さんに味の素を使ってほしいからではありません。
(メーカーからお金をもらって書いてるんじゃないのか・・と疑う方もいらっしゃるかもしれませんが、それはありません。)

「メーカーや国、WHOが安全と言っても信用できない。」
「食品添加物と名の付くものは使いたくない。」
もちろん、そういう意見もあると思います。

何を選ぶかは個人の自由ですし、味の素は必須の栄養素ではないので、「味の素を使わない」という選択肢をとっても、もちろん何も問題はありません。

だから、「ぜひ使ってください」と言っているのではありません。

では、なぜこのような記事を書いたかというと・・

味の素に限らず「〇〇(食品名)を食べると病気になる」という根拠のない噂により、悩む方が少なからずいるからです。

例えば、「妊娠中に〇〇を食べると、子どもがアトピーになる」という間違った情報があるとします。

すると、お母さんが「私が〇〇をたくさん食べたから、子どもがアトピーで苦しんでるんだ」と自分を責めて悩んでしまっている事があります。


また、大学病院でがんの診療に携わっている先生や管理栄養士さんとお話しする機会があり、次のような話も聞きました。

本当は、がんの患者さんは、手術や化学療法を乗り越えるために、何でも食べて体力をつけなくてはいけない。

でも、例えば「がんを治すために肉は食べてはいけない」などの間違った情報を信じて、野菜など限られたものしか食べずに、体力がなくなり、かえって状態が悪くなってしまう人がいるそうです。

このように、だれかが悩まなくてもよい事で悩んだり、病気の治療が妨げられたりする事が、少しでもなくなれば・・・という思いがあり、うま味調味料「味の素」に関しての記事を書かせていただきました。


<うま味調味料「味の素」の安全性に関するWEBページ>

うま味調味料協会 https://www.umamikyo.gr.jp/spice/safe.html
味の素社HP  https://www.ajinomoto.co.jp/products/anzen/keyword/aji.html
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団による、JECFAが安全性を認めた指定添加物リストhttps://www.ffcr.or.jp/tenka/secure/jecfa.html

IGIS (International Glutamate Information Service)-グルタミン酸、うま味、MSGに関し科学的根拠に基づいて正しい情報を提供する組織-が記載する、国際的なMSGに関する安全性に関する記述https://glutamate.org/safety/scientific-evaluations/

FDAのウェブサイトでのMSGの安全性に関するQ&A
https://www.fda.gov/food/food-additives-petitions/questions-and-answers-monosodium-glutamate-msg