絵本ナビスタイルさんのサイトで、コラムの新連載スタートしました。

内容は、子どもを野菜好きに育てる方法
全4回です。

こちらからごらんください。



私は、娘には、野菜好きに育って欲しいなあと思っていました。

私自身が、小学生くらいまで、ピーマンやにんじん、れんこんなど、嫌いな野菜がいくつかありました。

それらの野菜を一度嫌いと思ってから、ほぼ全く口にしていませんでした。

しかし、ある日突然食べてみる気になり、全て大人になるまで、又はなってから食べられるようになっりました。

食べられるようになってみると、意外に美味しかった事が分かり、「今まで食べてなくて損したな」と思ったんです。

一度、子どもの時に「この野菜嫌い!」となってしまってから食べなかったので、嫌なイメージが膨らんでいき、「嫌い」の思い込みが激しくなってしまっていたんですね。

だから、娘にはそうなって欲しくないなあと思ったわけです。

野菜は健康に良いので、食べて欲しいのはもちろんです。

でも、それ以上に、「美味しい!」と思って食べられるものが1つでも多い方が、絶対人生が楽しいですよね^ ^

逆に好き嫌いが多いと、給食や 公の場での食事で苦労したり、嫌な思いをする場面も多いかもしれません。

イメージ写真2


子どもが野菜嫌いな理由がいくつかあるので、私はそれに対する対策を考え、娘が野菜嫌いにならないように工夫してきました。

娘は、今8歳ですが、嫌いな野菜はありません。

もちろん、娘が野菜嫌いにならなかったのは、私の対策だけが理由の全てではないですし、全ての子どもさんに100%効果があるとは限りませんが、皆さんの参考にしていただけるかなと思います。

第1回目は、子どものうちに野菜好きになっておくと、どんなメリットがあるのかについて書いています。

良かったら、読んでみてくださいね。

こちらからごらんください。




LINEで更新情報が届きます。





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:




忙しいママが、楽で美味しく家族が健康になれる食卓を実現するための、レシピやヒントを配信するメルマガを始めました。

↓ クリックで登録フォームへ。
無料メルマガに登録する


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ↓ レシピ本、好評発売中です。