子どもの好き嫌い・・・子育て中のママの悩みのひとつですよね。

このブログでもたびたび書いていて、キッズ食育講座の内容にもあることなのですが・・・

子どもの好き嫌いは「味」以外の要因で起こることもあります。


たとえば、
たまたま体調が悪くて、とんかつを食べた後に吐いて、それ以来とんかつが嫌い。
チャーハンを食べていた時にお母さんにひどく怒られて、チャーハンが嫌いになった。
ポタージュスープを飲んだら熱くて、口の中をやけどしたので嫌いになった。

などです。


もちろん、もともと、あまり好きでないという食べ物もありますが、こういう味や食感以外の原因で嫌いになってしまう事があるんですね。

だから、子どもが好き嫌いして食べない時に怒ると、ますます嫌いになってしまう可能性があるのです。


鮭おにぎりとぬか漬け2


私も、実は失敗しています。

うちの娘は、これといって好き嫌いはありません。

くるんと丸まったエビは、「虫みたいで嫌」と言って食べないですが、それくらいです。

ところが、私が作る冷たいおにぎりは嫌がるのです。

ごはんは好きです。

冷たくてもコンビニのおにぎりはオッケー。
私が作る温かいおにぎりはオッケー。


でも、「ママが作る」「冷たい」おにぎりは嫌がるのです。

この原因を作ったのは多分私です(^_^;)

娘が2歳くらいの時、託児所ににお弁当を持っていっていて、食べやすいので、おにぎりを入れてました。

すると、おかずを一口か二口だけ食べて、ほとんど全部残してくるのです。

その当時、まだ片言しかしゃべれなかったので、残してくる理由も説明してもらえません。

(あとから分かったのですが、冷めているものがあまり好きでないうえに、朝10時ごろにおやつが出るのでお腹もすいてなかったみたいです。)

「ちょっとは食べないとだめだよ」と言いきかせましたが、ついには、一口も食べてこない日もでてくるようになり・・。

さすがに、全く食べないのは体にも良くない。

私が怒らないから、わがままをしているのだろうか。
これは、怒った方がいいんじゃないか。


ある日、そう思って、2~3回娘を怒りました。

その時、ちょうど、とても疲れてイライラしていたのもあり、けっこうキツく怒ってしまいました。

それでも、残してくる状況は変わらず。。。。

結局、パンのお弁当に切り替えました。

すると、ある程度食べるようになりました。

*****

当時、家のご飯でも、、食べやすいようにおにぎりをよく作ってました。

しかし、この出来事以来、娘は私の作ったおにぎりが、少しでも冷めていると拒否するようになりました。

今でも、ごはんが少しでも冷めて、ちょっとでも硬い感じになっていると、食べません。。。

きっと、私に怒られたという嫌な思い出冷めたごはんがオーバーラップして、「冷めたごはんが嫌い」となっているのでしょう。

******

私が、子どもの好き嫌いは、嫌な思い出とリンクして起こることがあるという事を、キッズ食育で知ったのは、この後でした。

昼食を1食食べないだけで病気になるわけじゃないし、一生その状況が続くわけではない

だから、おおらかな気持ちでいれば良かったなあと、ちょっと後悔です。

「食べないと良くないよ」とだけ伝えて、娘が食べられるようになるまで、根気強く待てば良かったな~と。

当時、なぜ残してくるのか理由がわからないし、全く食べないなんて体に悪い!と、ちょっと深刻に考えすぎてました。


もし、子どもさんの好き嫌いに悩んで、行き詰まっているママがいるなら、少し気楽に考えた方が状況は良くなるかもしれないです^^

幼児期の好き嫌いはコロコロ変わるし、全て克服しないといけないというものでもありません

娘の冷めたおにぎりのように、悪い思い出とリンクしてしまうと、克服もやや難しくなります。

なるべく楽しく、最低限、厳しく怒らないように対応してみてくださいね^^


LINEで更新情報が届きます。





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:




忙しいママが、楽で美味しく家族が健康になれる食卓を実現するための、レシピやヒントを配信するメルマガを始めました。

↓ クリックで登録フォームへ。
無料メルマガに登録する


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ↓ レシピ本、好評発売中です。