昨日、ワクチンの記事にコメントをいただきました。

先生ならお嬢様に子宮頚がん予防ワクチンの接種を勧められますか?
(中略)
先生のご意見を参考にさせていただきたいので、是非お教えください。



胸肉のポークチャップ風2

鶏胸肉のポークチャップ風




子宮頸がんのワクチン(HPVワクチン)は、
接種後の副反応(疼痛や運動障害)が
メディアでも広く報じられました。

調査の結果、この症状とワクチンの因果関係はを示す根拠は報告されていません

しかし、現在国としては、
HPVワクチンを積極的に推奨するのを一時的に中止しています。

とはいえ、定期接種としての位置づけに変化はなく公費助成による接種は可能です。

※参考:ヒトパピローマウイルス感染症(厚生労働省HP)

つまり、積極的におすすめはしていないけど、打ちたかったら公費で打ってください。
という、なんとも中途半端な状態です。



私は、産婦人科医でもなく、専門的な知識が十分ではありません。

だから、このような不特定多数の方が読む可能性のある場で、無責任に、国が言っている以上のことを述べることはできないな、と思っています。

なので、あくまで私個人の考えとして聞いていただきたいのですが、
私は今のところ、娘には子宮頸がんワクチンを接種するつもりです。

以下の日本産婦人科学会のHPなどの情報から判断しました。




このワクチンについては、正しい情報がなかなか伝わっていないという印象があります。

まず、日本産婦人科学会のこちらを、お読みいただけたらと思います。




詳しくは、上記リンクを読んでいただきたいのですが、内容を要約します。

日本産婦人科学会は、HPVワクチン接種の積極的勧奨の再開を国に対して強く求める声明を発表しています。

まず、多くの方が、ワクチンをためらう理由となっている、HPVワクチン接種後に報告された運動障害などの「多様な症状」

これとHPVワクチンとの因果関係を示す根拠は報告されていません

 また厚生労働省の研究班により、HPVワクチンを接種していない女子でも、同様の症状を呈する人が一定数存在することが報告されています


そして、HPVワクチンのメリット(=子宮頚がんを予防するメリット)がなかなか理解されにくいのですが、ちゃんとあります。

子宮頸がんは、年間約2,900人が死亡しているがんで、患者数・死亡者数とも近年増加傾向です。

特に、20歳~40歳台の若い世代での罹患の増加が著しいものとなっています。

20~40歳台というと、
妊娠・出産前に子宮を失う
小さい子どもさんを残してがんで亡くなる

・・そういう事が起こりうる年代です。

WHOも、世界中の最新データを継続的に解析し、HPVワクチンは極めて安全であるとの結論を発表しています。

そして、平成27年12月の声明の中で
「若い女性が本来予防し得るHPV関連がんのリスクにさらされている日本の状況を危惧し、安全で効果的なワクチンが使用されないことに繋がる現状の日本の政策は、真に有害な結果となり得る」と警告しています。

このまま、ワクチンが接種されない状況が続けば、先進国の中で日本だけが、将来多くの女性が子宮頸がんで子宮を失ったり命を落としたりするという不利益が生じえると学会は訴えています。

20ー40代なら幼い子がいる場合も多いので、命を落とした時は、その子どもたちも辛い思いをすることになります。

そうならないために、日本産婦人科学会では、科学的見地に立ってHPVワクチン接種は必要と考え、HPVワクチン接種の積極的勧奨の再開を国に対して強く求めているということです。


*****

以上のような現状から考えて、私は、娘にHPVワクチンを接種しようと今のところは判断しています。
もちろん、また何か新しい情報が入れば判断は変わるかもしれませんが。


私も、ワクチン接種後にテレビで運動障害を起こした子の映像をみました。
それはとても衝撃的なもので、今も忘れられません。

本当に気の毒で、見ていて胸が締め付けられるようでした。
ワクチンの関係の有無にかかわらず、症状で苦しむ方々の治療法が確立され、救済されることを心から祈ります。

私も、一度あのような映像を見てしまうと、怖いという気持ちはなかなか消えません。
娘に接種させるつもりですが、こわい気持ちが全然ないと言ったら嘘になります。

ただ、あの症状とワクチンの因果関係はないとされている今、この不安は根拠のないものだと、私は判断しました。

「なんとなく不安」ということでワクチンを接種しないで、娘が将来子宮頚がんになったら後悔すると、思っています。

これは、私個人の意見で、皆さんにも接種をすすめているわけではありません。

私は、職業上、一般の方よりずっと「がんは他人事ではない」という意識が強いので、このように思えるのであって、普通はがんを予防するメリットを実感しにくいかもしれません。

それに、国が「積極的推奨をしない」と言っている限り、安心できないのは当然です。
安心して受けられるよう、国に早く対応してほしいです。。

ただ、みなさんも「なんとなく怖い」ではなく、上記の産婦人科学会のページなどを読み、現状をよく理解したうえで、打つ・打たないを考えていただけたらなと思います。


****

それから、「ワクチンなんてやめて、検診を受ければ良い」という意見もあります。

が、ワクチンはがんになること自体を予防するもの
検診は、なってしまったものを早く見つけるもの
そもそも目的が違うものなので、代わりとなるものではありません。

私も、親としていろいろ悩みます。
でも、子どもにとって一番良い選択ができるように、正しい情報を得て、冷静に判断していかなければいけないと思っています。




LINEで更新情報が届きます。





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:




忙しいママが、楽で美味しく家族が健康になれる食卓を実現するための、レシピやヒントを配信するメルマガを始めました。

↓ クリックで登録フォームへ。
無料メルマガに登録する


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ↓ レシピ本、好評発売中です。