かぶは、大根より甘くて柔らかいので、子どもでも生で食べやすい^^

梅、海苔、ごま油の味付けが、かぶの甘みをより引き立てます。

みずみずしいかぶと、濃厚なアボカドの組み合わせが絶妙。

やみつきになる和え物です^^

ビタミンや食物繊維が豊富で、女性の美容・健康の味方になる副菜です。


かぶとアボカドの梅海苔あえ

かぶとアボカドの梅海苔あえ1



作り方は、ほぼ切って和えるだけ。

まず、かぶは、皮を厚めにむいて薄切りに。

砂糖・塩をもみこみ10分くらいおき、しんなりしたら水気を絞ります。

かぶとアボカドの梅海苔あえ工程1


塩だけですると、しょっぱくなりすぎるので、砂糖も加えるのがポイント

この砂糖は、梅の酸味を適度にやわらげて美味しく仕上げる役割もあります。

食感を良くするために皮を厚めにむきます。

皮は千切りにして、きんぴらにすると、無駄なくおいしく食べられます。



このかぶと、切ってお酢をまぶしたアボカド、梅肉、焼き海苔、ごま油を混ぜて完成!

かぶとアボカドの梅海苔あえ工程2



焼き海苔は、見た目の問題で少なめにしてますが、もっとたくさん、どばっと入れるほうが私は好きです^^


ポイント
かぶから水分を出すときに、塩だけだとしょっぱくなりすぎるので、砂糖も使います。
砂糖の効果で、梅肉の酸味が和らぎ、子どもも食べやすいです。
焼き海苔は、もっと増やしてもおいしいです。
ごま油で風味とコクがプラスされ、子どもも食がすすみます。
厚めにむいたかぶの皮は、千切りにしてきんぴらにするとおいしいです。



↓詳しいレシピはこちら。

かぶとアボカドの梅海苔あえ

かぶとアボカドの梅海苔あえ

by 河埜 玲子

調理時間:10分
Comment

かぶは、大根より甘くて柔らかい。梅、海苔、ごま油の味付けが、かぶの甘みをより引き立てます。みずみずしいかぶと、濃厚なアボカドの組み合わせが絶妙。やみつきになる和え物です^^ビタミンや食物繊維が豊富で、女性の美容・健康の味方ですよ。

このレシピを詳しく見る



アボカドは、ビタミンや意外にも食物繊維も豊富で栄養満点!

脂肪分は多いけど、そのほとんどは、LDLコレステロール(悪玉)を増やさない不飽和脂肪酸です。

ビタミンEは、血行を良くし、冷えや肩こり予防に。
また、抗酸化作用が強いので、お肌の老化・動脈硬化などを予防する効果が期待できます。

代謝を助けるビタミンB1・B2も、野菜にしては多く含まれます。

ビタミンB2は不足すると、肌荒れや口角炎になるので、美容ビタミンとも言われています。


*****

焼き海苔も、おいしさアップだけでなく、栄養をアップしてくれる便利な食材。

栄養なさそう~と思いがちですが、実は40%がたんぱく質でできている

食物繊維や、ビタミンA・B群・Cなどのビタミン、鉄分やカルシウムも豊富なんです。

1回にたくさん食べるものではないので、これだけで全ての栄養をまかなうのは、もちろん無理ですが。

お料理の仕上げやごはんのお供に。
ちょっと添えるだけで、栄養バランスが良くなります。

うちには、常に焼き海苔がありますよ^^


話が少し脱線しましたが、かぶのおいしい今の時期に、よかったら今日の和え物を試してみてくださいね^^



LINEで更新情報が届きます。





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:




忙しいママが、楽で美味しく家族が健康になれる食卓を実現するための、レシピやヒントを配信するメルマガを始めました。

↓ クリックで登録フォームへ。
無料メルマガに登録する


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ↓ レシピ本、好評発売中です。



※Kindle版は¥1050です。