子どもや男性にも人気のジャーマンポテト。

通常のレシピは、バターやベーコンがたっぷり。

おいしいですが、バターやベーコンの脂にふくまれる飽和脂肪酸は動脈硬化の原因になります。

メタボが気になるパパやママはちょっと控えたほうが良い油です。

今回は、からだに良い油であるオリーブオイルくるみを使って、バター不要・ベーコン控えめでも美味しくできました!

定番のジャーマンポテト、たまにはヘルシーに作ってみてはいかがでしょうか。


ほうれん草とくるみのジャーマンポテト

ほうれん草とくるみのジャーマンポテト2



じゃがいもだけだと、ちょっと野菜不足なので。

ほうれん草もプラス。

今回は、時短のために冷凍ほうれん草を使用しました。



ほうれん草とくるみのジャーマンポテトの作り方



じゃがいもは皮付きのままラップにくるみレンジ加熱。

600wで3分加熱、ひっくり返しさらに2分。

皮付きのままの方が、ホクホクにできます。

途中で上下をひっくり返さないと、加熱むらが出来るので注意。

ほうれん草とくるみのジャーマンポテト手順



フライパンにオリーブオイルとにんにく、ベーコンを入れて中火で炒める。

こんがり焼き色が付いたら取り出します。

ほうれん草とくるみのジャーマンポテト手順1




同じフライパンにじゃがいもを加え、あまり動かさずに焼き色を付ける。

ほうれん草とくるみのジャーマンポテト手順2




いもがこんがりしたら、冷凍ほうれん草を加え炒める。

最後にベーコンを戻し入れ、くるみも入れてさっと炒める。

ほうれん草とくるみのジャーマンポテト手順3



完成です。

ほうれん草とくるみのジャーマンポテト1



↓ 詳しいレシピはこちらから。

ほうれん草とくるみのジャーマンポテト

ほうれん草とくるみのジャーマンポテト

by 河埜 玲子

調理時間:15分
Comment

ほうれん草とくるみが入り、おいしさも栄養バランスもアップ!じゃがいもはレンジで下茹で、冷凍ほうれん草を使用し、時短でできるレシピです。くるみやオリーブオイルなどを利用し、バター不使用・ベーコン控えめでも美味しくできます。

このレシピを詳しく見る




バター使ってなくてベーコン控えめだから、くどくなく、胃にもたれない

でも、くるみの食感と香ばしさとコクで、満足感はしっかり

ベーコンを控えた分は、しっかりくるみがカバーしてくれます。

健康に良いあぶらを使用し、からだに優しいのもうれしい^^

よかったらおためしくださいね。



LINEで更新情報が届きます。





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:




忙しいママが、楽で美味しく家族が健康になれる食卓を実現するための、レシピやヒントを配信するメルマガを始めました。

↓ クリックで登録フォームへ。
無料メルマガに登録する


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ↓ レシピ本、好評発売中です。



※Kindle版は¥1050です。