外食は健康にあまり良くないといいますが・・・

では、具体的にどんな点が良くないのか

これを知っておくと、健康的なメニューをチョイスできたり、その後の食事で調整ができるようになります!

料理別に、それぞれの気をつける点と、対策をご紹介していこうと思います。

今回は、和食編です。


和食の外食~傾向と対策~



他の外食に比べて、健康的な印象な和食。

たしかに他の外食に比べて、カロリーは低めです。

が、メニューによっては意外にそうでもないので、気をつけて!


【傾向】

・エネルギーは他の料理に低カロリーのことが多いが、天丼・カツ丼など油もの+ごはんの組み合わせは高くなるものもある。

・麺類・お寿司・丼ものなどの単品メニューは野菜が不足しがち

・ごはん+うどん、お寿司+そばなどのセットメニューは糖質が過剰になる。

・全般的に塩分が多い





【対策】

・ごはんは少なめにしてもらうか、残す。

・麺類の汁は飲みほさない。

・ごはん+麺類ではなく、ごはん+おかずのセットメニューを選ぶ。

 ・魚の調理が面倒&苦手な人は、外食が魚を食べるチャンスなので、焼き魚・煮魚定食を。

・お寿司や丼の単品メニューでは、野菜のサイドメニューを選ぶ。
 回転寿司でも、サラダや豚汁などをチョイス!

・丼・麺類は、具沢山のものを選ぶ。
 例)きつねうどん → 鍋焼きうどん・五目麺など。

・揚げ物のメニューは避ける。
 例)天ぷら定食 → 焼き魚定食・野菜炒め定食。



次の食事で調整するのも手



仕事の付き合いや、ママ会など、自分でメニューを選べないときもありますよね。

また、せっかく美味しいと有名なお店に来たのだから、好きなものを食べたい!という時もある。

そんな時は外食を楽しみ、その日の夕飯や、次の日に調整しましょう。


かぼちゃと鮭の柚子味噌汁2



・さっぱりメニューで腹八分目に。
・不足した野菜は多めに。


数日単位で食のバランスを取るという感覚も、大切です。

次回は洋食編です^^




LINEで更新情報が届きます。





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:




忙しいママが、楽で美味しく家族が健康になれる食卓を実現するための、レシピやヒントを配信するメルマガを始めました。

↓ クリックで登録フォームへ。
無料メルマガに登録する


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ↓ レシピ本、好評発売中です。



※Kindle版は¥1050です。