じゃがいもや、さつまいもに比べ、食卓にのぼる回数が少ないのではないでしょうか。

さといも


私がさといも大好きなので、我が家ではじゃがいもより登場回数が多いです。

鮭と里芋の炊き込みごはん



さといもは、食物繊維が豊富いも類でもっとも低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめ

カリウムも豊富なので、むくみや高血圧予防にも効果が期待できます。



おいしいだけでなく、そんな魅力もあるさといもですが・・・

食卓から遠ざかりがちなのは、皮むきが面倒だからだと思います。

ぬるぬるして包丁で手をきりそうでこわいし、手がかゆくなる


なので、私はレンジで加熱して皮をむいています

手がかゆくなる原因の成分は熱に弱いので、加熱するとかゆくならないのです。

多めにやって冷凍保存しておくと、次にすぐ使えて便利です。


*********

さといもは、耐熱ボウルに入れてラップをかけ、100gにつき2分加熱します。

里いもの冷凍保存


加熱時間は、さといもの大きさにもよるので、目安です。

皮むきのあと、調理でさらに加熱する場合(煮物など)、中までしっかり火が通ってなくても大丈夫です。


加熱してからだと、手で楽ちんにむけます。

里いもの冷凍保存2


熱いので、写真のように、キッチンペーパーを使うと良いです。


むいた里芋は、ジップロックなどに入れて冷凍保存できます。

里芋の冷凍保存



市販の冷凍さといもを使うこともあるけど、やっぱりこっちの方がおいしいです^^

******

さといもが食卓から遠ざかる、もうひとつの理由。

それは、じゃがいもなどに比べ、レシピのレパートリーが少ないということだと思います。

いつも煮物・・・というあなたのために!

次回はさといものレシピをいろいろご紹介します。



LINEで更新情報が届きます。





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:




忙しいママが、楽で美味しく家族が健康になれる食卓を実現するための、レシピやヒントを配信するメルマガを始めました。

↓ クリックで登録フォームへ。
無料メルマガに登録する


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ↓ レシピ本、好評発売中です。



※Kindle版は¥1050です。