娘のインフルエンザワクチン1回目を打ってきました。

インフルエンザワクチン




インフルエンザワクチンを打っても、インフルエンザの発症を100%防げるわけではありません。

でも、毎年打ちます。

真の目的は、インフルエンザの重症化予防だからです。

「重症化予防」というと「かかっても、熱があまり上がらず、症状が軽く済む」ということだと思っている人も多いかと思いますが、ちょっと違います。

(もちろん、ワクチンを打っていたら、症状が軽く済むこともあるんですが。)

この「重症化」とは、脳症や肺炎・心筋炎(心臓の筋肉に炎症が起こる)など命に関わることがある合併症のことです。

命に関わるようなことに、自分の子がなるなんて、普通は想像もしてないと思います。

が、医療の現場にいると、全ての病気は他人事ではない、と分かるんですよね。。。

子どもが亡くなるも、脳症で後遺症が残るのも、我が子だったらと思うと、想像ができないほどつらいです。

そんな確率は1%でも減らしたい。

だから、毎年ワクチンは打ちます。


*****

もうひとつの目的は、インフルエンザワクチンを打つことで、インフルエンザの大流行を防ぐため。

「集団免疫」という考え方です。

集団の中で、ワクチンを打っている人が多ければ多いほど、大規模な流行が防げます。



世の中には、インフルエンザワクチンを打てない人もいる。

免疫が弱く、インフルエンザにかかったら命に関わるような人もいる。

そのような人の感染のリスクも、他の人がワクチンを打つことで下げることが出来る


子育て世代の人なら、周りのお友達に妊婦さんもいると思います。

妊婦さんも、インフルエンザが重症化しやすいと言われてます。

たとえば、自分や自分の子どもがインフルエンザになって、うつしてしまい、そのお友達が重症化してしまったら・・・。

ワクチンを打ってなかったことを後悔しますよね。


ワクチンは、集団生活のマナーでもあると思っています。



******


ワクチン反対派の人の中に、「医者はみんな、自分の子どもにはワクチンを打たない」と言っている方がいると聞き、びっくりした。

少なくとも、私の友達(医者)でワクチン反対派の人は聞かないけどな。

どこから、そんな話が出てくるんだろう。



WHOも厚生労働省も、ワクチンは受けたほうが良いと言っています。

WHOインフルエンザについてのページ

厚生労働省インフルエンザQ&A


ワクチンを強制するわけではないですが、根拠がない噂には気をつけてほしいなと思います。




LINEで更新情報が届きます。





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:




忙しいママが、楽で美味しく家族が健康になれる食卓を実現するための、レシピやヒントを配信するメルマガを始めました。

↓ クリックで登録フォームへ。
無料メルマガに登録する


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 ↓ レシピ本、好評発売中です。



※Kindle版は¥1050です。