圧力鍋を使うのは時短のためだけでなく、蓮根のホクホク食感と野菜の甘味を味わうため


柚子胡椒香る ホクホク蓮根の豆腐そぼろあん


ほくほく蓮根のゆずこしょう豆腐そぼろあん3


このホクホク美味しい蓮根が、ほっとくだけで味わえるなんて、圧力鍋って素晴らしい~



そして、野菜を蒸した時にでてくる蒸し汁。

一度ぜひそのまま飲んで欲しいんですが、すっごく甘くて美味しい


これを捨ててしまうのはもったいない!!ということで、この野菜の甘味が溶け出している蒸し汁を利用して、優しい豆腐のそぼろあんに仕上げました。



あんに加えた柚子胡椒の上品な辛味が、野菜の甘味をより一層引き立てます。

柚子胡椒は、チューブ入りのものが100均でも売ってるので、ぜひ入れてください。

入れると入れないのでは、全然仕上がりが違います


※柚子胡椒は仕上げに入れるので、子供用を入れる前に取り分けるのを忘れないでください。




身体を温める作用のある根菜類に、ほんのりぴりり感のあるあんかけ・・・。

寒いこの時期にもってこいのレシピだと思います。


↓くわしいレシピはこちらの写真をクリック!

柚子胡椒香る ほくほく蓮根の豆腐そぼろあん

柚子胡椒香る ほくほく蓮根の豆腐そぼろあん

by リコッタ

調理時間:25分
Comment

蓮根を圧力鍋で煮ると、時短なだけでなくホクホク食感に!優しい味のお豆腐そぼろあんは、野菜の甘味が溶け出た蒸し汁を利用。柚子胡椒の上品な辛味が野菜の甘味を一層引き立てます。身体を温める根菜類をたっぷり取れるヘルシーレシピです。



調理時間25分とありますが、実際はなんにもしてない時間がほとんどなので楽チンです。

圧力鍋を火にかけて沸騰するまで約5分弱 → 加圧5分 → 圧が下がるまで放置するのが約10分弱。

この間は何にもしません。

※加圧5分以外は、コンロの火力や圧力鍋のメーカー(うちはティファール4リットル)により前後すると思われます。

なので、この間になにか1品作れます



その他のポイントです。



蓮根が大きすぎると、ホクホクにならないことも。乱切りなんで表現しづらいんですが、1辺が4cmくらいが目安です。
不安やわ・・という方は、2cm厚さくらいの半月切りがいいかもです。




野菜を蒸すときに加えるひとつまみの塩は、味つけではなく野菜の甘味を引き出す役割をしています。



豆腐そぼろあんには、コク出しのために鶏ひき肉も加えていますが、どっちかしか無いときには、どっちかだけでも大丈夫です。



個人的には、野菜の優しい甘味と料理のほっこり感を生かすには、豆腐がいいかと思います。

でも、肉のほうが男性陣には喜ばれそうかな。




柚子胡椒にも塩分があるので、醤油&みりんは控えめにしてます。

柚子胡椒を加えず作りたいという方は、塩又は醤油を少量足すなど調節してください。




そういえば、ホクホク蓮根のアピールばかりしていましたが、大根と人参もとっても甘くて柔らかくて美味しい!

根菜類が苦手な子供さんもチャレンジできるかもです^^



最後に献立のヒント



これ一品で、野菜はもう充分

圧力鍋におまかせしている約15分くらいの間に簡単なタンパク質系おかずを作って、ご飯を添えれば献立完成!

例として・・・

フライパンで!ぶりのスタミナ照り焼き

フライパンで、ぶりと薄切りのニンニクを焼き、出てきた油をペーパーで拭き取ってから(タレがからみやすくなる。)醤油:みりん=1:1のたれを絡めたら完成。

冷凍ほうれん草を一緒に炒め、たれを加える前に取り出して添えると、副菜にない青野菜も摂取できます!


豚肉とニラのオイスターマヨ炒め

フライパンで、油の代わりにマヨネーズでお肉を炒め、火が通ったらニラを加え、オイスターソースと塩こしょう、あればガーリックパウダー少々で味つけ。

いつもの炒め物も脱マンネリです。


市販のお惣菜をレンジで温め、コーヒーを飲んでくつろぐ。


参考にしていただけると幸いです


ほくほく蓮根のゆずこしょう豆腐そぼろあん1


レシピブログのランキングに参加してます。
バナーを押していただくと、順位が上がる仕組みになっていて、とっても励みになります
もしお時間あれば下のレシピブログのバナーをポチっとクリックお願いします