ひじきは、大人にも子供にも嬉しい栄養がたっぷり


カルシウムは牛乳の約12倍!

食物繊維はごぼうの約7倍!

鉄分は鶏レバーの約6倍!



ママの骨粗鬆症や貧血の予防便秘解消

子供の成長のためにもとっても良い食材なので、

ひじきの常備菜が冷蔵庫にあると、とっても心強いです。


ひじきと言えば、和風の煮物でマンネリ化してしまいがちなので、

今日は、ひと味違ったひじきの常備菜を2つご紹介したいと思います。


どちらもフライパンひとつで、ささっと炒めるだけなので、

普通の煮物よりも手軽に出来ると思います。





ちなみに。。。私はヒジキは戻す必要のない生のものを使うことが多いです。


または、時間のある時に戻しておき、冷蔵庫にいれておきます。

1週間は大丈夫とも聞きましたが、4~5日で使い切るようにしています。

使い切れない場合は、冷凍保存も可能です。


戻しておくだけで、ひじき料理のめんどくさいイメージが一気に減るのでオススメです^^







まず、ひとつ目は・・・

ひじきとパプリカのマリネ風炒め


ひじきとパプリカのマリネ炒め2




ベースは醤油+みりんの和風味なんですが、

ひじきと意外に相性の良いパプリカを合わせ、

レモン汁でマリネ風に仕上げることで、和洋折衷な感じに。


同じひじきとお豆を使っていても、煮物とは全く違った感じです。


↓ 詳しいレシピはこちらから。。。

【常備菜】ひじきとパプリカのマリネ風炒め

【常備菜】ひじきとパプリカのマリネ風炒め

by リコッタ(河埜 玲子)

調理時間:
Comment

さっと炒めるだけで、煮物より手軽。いつものひじきも、マンネリ脱却です。和洋中どのおかずにも合い、パンにも合うので朝ごはんにも最適。ひじきのミネラル、パプリカのビタミン、豆のタンパク質が取れ、一品で栄養バランス満点です。




玉ねぎは初めにしっかりめに炒めたほうが旨みが引き出されて美味しいです。

和洋中、どんなおかずとも相性が良く、

パンにも合うので、朝ご飯にもオススメです。


ひじきのミネラル、パプリカのビタミン、豆のタンパク質が取れ、

一品で栄養バランス満点です。


ひじきとパプリカのマリネ炒め3





続いて2つ目は・・・



オリーブオイルとガーリック、トマトの風味を生かし、調味料は塩だけ。


ひじきを、シンプルでも味わい深いイタリアン風に。。



ひじきといんげんのイタリアン炒め

ひじきとインゲンのイタリアン炒め2

オリーブオイルやガーリックは、ヒジキととっても相性が良いです。


イタリアン・・・なので、パスタの時のあと一品にはもちろん


和風おかずの献立の時にも、

箸休めのような感覚で、献立のアクセントになりオススメです。




↓ 詳しいレシピはこちらから。。。

【常備菜】ひじきといんげんのイタリアン炒め

【常備菜】ひじきといんげんのイタリアン炒め

by リコッタ(河埜 玲子)

調理時間:
Comment

オリーブオイルとガーリック、トマトの風味を生かし、調味料は塩だけ。ひじきを、シンプルでも味わい深いイタリアン風に。パンにもよく合います。和風のひじき煮に飽きたらぜひ。。





美味しく作るポイント。

①オリーブオイルとガーリックの風味をしっかり効かす(量を控えめにしない)。

②トマトはしっかり完熟したものを使う。

③ひき肉は出てきた水分が飛ぶまでしっかり炒める。

④塩はしっかりめにする。


シンプルな味付けなので、素材の風味をしっかり生かすことが大切です^^



ひじきとインゲンのイタリアン炒め4



どちらも、フライパンで炒めるだけで出来る簡単レシピ。

ヒジキの常備菜があると、それ一品加えただけで、

献立の栄養バランスがぐっと良くなります。


味付けを変えれば、

ひじきの煮物が苦手な子供さんやパパも食べてくれるかもしれないので、

もし良かったらお試しくださいね

今日も、最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ コメントについて゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

いつも、温かいコメントをいただき本当にありがとうございます!

コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方は訪問させていただき、

そちらにお返事を書かせてもらっています。

お持ちでない方にはこちらのコメント欄でお返事させてもらっています。

皆さんからのお言葉が日々の元気のもとになっています!

本当に感謝です^ ^

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚





レシピブログのランキングに参加してます。
バナーを押していただくと、順位が上がる仕組みになっていて、とっても励みになります
もしお時間あれば下のレシピブログのバナーをポチっとクリックお願いします