家族の健康を守るために、子供たちが丈夫に育つために、

手作りで、栄養バランスが取れた食事を!と思うものの、

食事作りは毎日のこと。


仕事や家事で疲れていたり、せっかく作ったご飯も残されたりすると、

ふと突然むなしくなって、

安いお惣菜や冷凍・レトルト食品、ホカ弁を買ったほうが、

頑張って作るより楽だし、むしろ安く済むのでは・・・?

と思うこと、ありますよね~。


目先のことだけ考えたら、それはそうかも。

もちろん、私もお惣菜や、レトルト食品を買うことあります^^


すべて手作りで出来れば、それは素晴らしいことだけど、

忙しくていっぱいっぱいのときは、

一部市販品を利用してストレスを回避した方がいいと思います。



でも、市販品は味が濃かったり、野菜不足になりがちなので、

毎日それだけ食べていたら、何かしら健康に支障をきたしてくるかもしれません。

材料の安全性や添加物も気になりますしね。


(素材や味付けにすごく気を使ったお惣菜やお弁当ならいいかもしれませんが、

 手作りの何倍も高価になり、毎日は利用しにくいですよね



作るのは買ってくるより手間がかかるし、激安の外食もあふれているけれど、

手作りの栄養バランスが取れた食事で健康でいることが出来たら。。

実はそれが、最強の家計節約になるんです

頑張ってお料理を作ることには、必ずメリットがあるんですよ^^




なぜ、最強の家計節約になるのか。。。


高齢化社会が急速に進み、国の借金も膨らんでいる今、

30~40代の私たちが高齢を迎えたときには、

医療費の自己負担額も現在の3割から、どんどん上がっていくことが予想されます。



生活習慣病は、食事などの生活習慣を改めれば、自分で病気を防ぐことが出来ます。

逆に、不摂生して病気に罹ってしまったら・・・

治療に多大なお金を費やすことになるんです。



例えば、

生活習慣病の代表、2型糖尿病になってしまった場合、


1人当たりの1ヶ月の平均的な医療費は、


薬なしで生活指導のみでも、3割の自己負担額で、約3000円

薬2種での治療なら約6000~7000円

インスリン治療+飲み薬なら約12000円だそう。


(これはあくまで平均で、他の合併症があるかないかなどで

 医療費は大きく変わってきます。)



しかも、糖尿病は病状が良くなることはあっても完全には治らないので、

治療は一生続くことになります。

1年なら、上記の12倍、それが何十年続くなら・・・・・


また、高血圧や糖尿病をもっていると、

心筋梗塞や脳梗塞など命に関わるような病気にもかかりやすくなります。

もし、手術・入院となれば、ますますお金がかかるのはもちろん、

更に、後遺症が残って身体が不自由になることも。。。。



未然に病気を防ぐことができれば、当然治療費はかからず、

健康な身体で旅行や趣味を楽しむために、そのお金を費やせるのです!


そんなわけで、栄養バランスの取れた食生活で、病気を予防することは、

結局は家計の節約になるんですね^ ^

そして、言うまでもなく、健康はお金では買えない最大の財産


子育て・退職後に、さあ、夫婦で自由に残りの人生楽しむぞ!という時に、

病気になり、介護生活。。。

若いころにコツコツためたお金は治療費に。。なんて、悲しいですもんね。


病気になってしまってからは、厳しい食事制限もでてきてしまいますが、

予防のためなら、完璧を目指さなくても、少し気をつけるだけで十分。



たまには、お菓子も脂っこいものも、ファーストフードだって、

食べ過ぎに注意すれば、ちゃんと楽しめます。



今は目に見えなくても、そのメリットは必ずあるので、

忙しかったら1品だけでも、手作り出来るよう頑張ってみてくださいね




゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今日は生活習慣病が気になる、メタボぎみのパパにぴったり。

栄養バランスの取れるおつまみレシピのご紹介します

居酒屋メニューの定番コーンバターを、栄養バランス満点にアレンジしました!


ビールのお供にはもちろん、ご飯に良く合うおかずとしても^^


大豆入り コーンとピーマンのガーリック醤油バター

コーンとピーマンのガーリック醤油炒め






コーンだけでも美味しいけど、甘いばかりではちょっと物足りない。。。

ピーマンと大豆を加えたら、ほろ苦さと旨みがプラスされ、食感も楽しくなりました


ピーマンはしっかり炒めて苦味を飛ばしているので、

ガーリックの効いた甘辛お醤油味と、コーンの甘味につられて、

ピーマン嫌いの子供さんも食べてくれるかもしれません



もちろん味だけでなく、栄養面も強化され、

炭水化物中心のコーンに、

代謝をアップさせる大豆のタンパク質がプラスされ、

ピーマンで、ビタミンも強化しています




↓ 詳しいレシピはこちらから。。

大豆入り コーンとピーマンのガーリック醤油バター

大豆入り コーンとピーマンのガーリック醤油バター

by リコッタ(河埜 玲子)

調理時間:8
Comment

定番のコーンバターに、ピーマンと大豆をプラスし、ビタミンとタンパク質を強化。食感も楽しく、ピーマンのほろ苦さ大豆の旨みで美味しさもアップ!あと一品のおかずから、栄養バランスの良いおつまみとしても。



しっかりめに炒めることで、

ピーマンの苦味が和らぎ、コーンの甘味が凝縮されます。

ピーマンを食べやすくするため、みりんを加え甘みをプラスしました。

バターは風味を生かすために最後に加えてください。



お店で食べるコーンバターに比べ、バターの量は格段に少ないけど、

甘辛ガーリック醤油風味で、ご飯もビールもより進む味!

飽きずにいつまでも食べられます。


コーンとピーマンガーリック醤油バター2




大豆は豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多い!

お肉のようにコレステロールが多くないので、メタボパパも安心して食べられます。


代謝を助けるビタミンB群、抗酸化作用で老化を防ぐビタミンE

骨を丈夫にするカルシウム貧血を防ぐ鉄なども豊富です。

その他、大豆サポニンには、コレステロールを下げる作用も!


また、コーンコレステロールを下げるリノール酸を豊富に含み、

ビタミン
B群、風邪を予防して肌や皮膚を若々しく保つビタミンC

カルシウムや鉄も含み、栄養満点なんですね^^


これに、ビタミンAやCが豊富なピーマンが加わるわけですから、

まさに、一品で栄養バランス満点!


パパのメタボ予防だけでなく、ママの美容や、子供の成長にもとっても良いレシピ。

良かったらお試しくださいね




コーンとピーマンガーリック醤油バター



今日は3連休、最終日。

楽しい1日をお過ごしくださいね



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

私が、医師としての経験や、子供を授かったことにより

料理や食事に対して特別な想いを持つようになった理由


「一品で栄養バランスが取れるレシピ」が産まれた経緯などは、

こちらの記事をご覧ください。

→ 料理と食事への想い。食べられない子供たちに教えてもらったこと。

→ 一品で栄養バランスに取れるレシピ。にこめた想い




だから、栄養バランスが取れた食生活は大切!と思えるエピソードはこちら。。

→ 【実話】こんな食生活は貧血に・・・

→ 【実話】ここまで!!超偏食の肥満患者さん

→ 救急現場でも肥満はリスク?! 








゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ コメントについて゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

いつも、温かいコメントをいただき本当にありがとうございます!

コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方は訪問させていただき、

そちらにお返事を書かせてもらっています。

お持ちでない方にはこちらのコメント欄でお返事させてもらっています。

皆さんからのお言葉が日々の元気のもとになっています!

本当に感謝です^ ^

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚





レシピブログのランキングに参加してます。
バナーを押していただくと、順位が上がる仕組みになっていて、とっても励みになります
もしお時間あれば下のレシピブログのバナーをポチっとクリックお願いします