会員制の医療専門情報サイトで、子供と食に関することで、こんな記事を見つけました。

3歳児健診で肥満のハイリスクとされた子供に対し、
医師や栄養士などが生活環境の改善などの介入をしたところ、
肥満の改善につながった

という報告です。

(※会員制医療専門情報サイト・Medical Tribune ウェブより)



獨協医科大学小児科の市川剛氏らによるこの報告の内容を、簡単に説明すると・・・・


3歳児健診の時に、「肥満ハイリスク児」を診断し病院を受診してもらいます。

そして、医師,栄養士,臨床心理士生活指導,心理面接を行います。
その後も5歳まで3~4ヶ月に一度、定期的に病院を受診してもらいました。

主に指導した点は,以下の3点。

①肥満がなぜいけないか家族で話し合う。
②カロリーの高い飲み物の摂取を控える。
③おやつの与え方を工夫する。



その結果・・・

3歳児健診で「肥満ハイリスク児」と判定されて病院を受診した子は、5歳時に肥満が有意に改善したということです。

一方,ハイリスクと判定されたけど受診しなかった児の多くは,5歳時に肥満が進行していました。

 
以上より、

「3歳児健診での肥満ハイリスク児に対して、環境を改善し、継続的に受診することで、肥満改善につながり,3歳は介入時期として有効であると考えられた」ということでした。



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ここで、なぜ、小児の肥満はいけないのか・・・?ということですが、

子供の肥満は、大人の肥満につながります

肥満は、高血圧・糖尿病・高脂血症などの原因になり、これらは動脈硬化、さらには心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こします。

そういうわけで、子供の頃からの肥満予防は重要なのです。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



子供の肥満については、親は「大丈夫かな・・?」と心配しながらも、「食べないよりはいいよね」となることが多いかなあと思います。

そうすると、親が自ら病院を受診してくれるのは、ごく一部だと考えられ、医療も介入するタイミングを逃しがちなのではと思います。

こどもの肥満は、出来るだけ早くから介入したほうが、改善させやすいです。

3歳児健診が介入のタイミングとして有効だと示されたことで、今まで見逃されていた子供たちが受診するチャンスが増えればいいなと思います。




れんこんたっぷりガパオ





この報告は、「やっぱりそうだよね」とすごく納得のいく結果でした^^



でも、この記事に関連して、ちょっと気になることがありました。

この記事に対するコメントで、「子供が肥満になるのは親が悪い」「親の責任だ」という声がけっこうたくさん寄せられていたんですよね・・・。

確かに、子供たちの食・生活習慣は、各家庭に左右されるので、親の責任という意見は否定しません。

でも、その一言で片付けて良いのでしょうか?



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



ちょうど、この子供たちの親は、私と同じ30~40代の方が多いと思います。

では、私たちは今まで学校などで正しい食についてを学ぶ機会が充分にあったでしょうか?

おそらく、学校などできちんと教えてもらった記憶はあまりないと思います。

そうすると、親に教えてもらったり、自分で勉強したりするしかないですが、それだと知識に個人差が大きくなります。



ほとんど教えてもらってないのに、親になったからといって、突然、正しい食事を子供に与えられるというものではないと思います。

親の責任というけれど、それなら親世代にきちんと教育できなかった国の責任でもあるでは?


多くのママは、初めての母親業では戸惑うことばかり。。。

食のことだけでなく、子供との接し方など、ちょっとしたコツを知るだけでとて楽になるのに、そういったことは誰にも教えてもらっていません。

ましてや、今回の調査の対象となった3歳までの時期は、子育てがとっても大変な時期です。

それなのに、全てママの責任。。となるのは、ちょっとつらいし、理不尽だなあと思いました。

まあ、このへんは賛否両論あるでしょうが・・・。



親世代への指導・教育とともに、子供たちに直接行う食育も、家庭まかせにせず、社会全体で取り組んでいくべきものだと思います。

「親の責任」と言っていては、状況の改善にはつながらないと思います。








ちなみに今回は、肥満が取り上げられていましたが、ダイエットの若年化などで、子供の痩せも問題になっています。

肥満と痩せは反対のものですが、正しい食の知識がないことが原因のひとつという点で共通していると思います。


勉強もスポーツも、大人になってからの仕事も、身体が健康があってこその事です。

健康な体を作るために、食が果たす役割は大きいです。

そう思うと、すべての子供たちが将来のために、平等に正しい食育を受ける権利がありますよね。


私も医師・キッズ食育トレーナー・そして一人の母親として、食育を当たり前に学べる社会になるような活動を広げていきたいと思います。





☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

お知らせ


新年になる来月、子供さんの好き嫌いや食に関して悩んでいるお母さんのための講座を開催します。

キッズ食育トレーナー・医師・5歳の子を持つ母親としての立場から、子供の好き嫌いについてのお話をさせていただきます^^

↓ 詳細はこちらから
子供の好き嫌いに悩むママのための食育講座





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


↓キッズ食育トレーナーになり、私たちと一緒に、子供たちの未来を輝かせませんか?





  





゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



↓ レシピ本、好評発売中です。


【Amazon.co.jp限定】忙しい人のための“一品で”栄養バランスが取れるレシピ―女性医師.../SBクリエイティブ

¥1,134
Amazon.co.jp



インスタグラムに幼稚園児のパン弁当をアップしてます。



↓ もし良かったらフォローしてください^^

Instagram


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



※こちらの記事も良かったらお読みください。


私の自己紹介

→ はじめましての方へ。 自己紹介です


はじめましての方へ、レシピについてのご説明。

→ 一品で栄養バランスが取れるレシピについて。






一品で栄養バランスが取れるレシピが生まれた経緯について


→ 料理と食事への想い。食べられない子供たちに教えてもらったこと。

→ 一品で栄養バランスに取れるレシピ。にこめた想い




だから、栄養バランスが取れた食生活は大切!と思えるエピソードはこちら。。

→ 【実話】こんな食生活は貧血に・・・

→ 【実話】ここまで!!超偏食の肥満患者さん

→ 救急現場でも肥満はリスク?! 

→ 健康は最強の家計節約になる訳。 

→ 麻酔科医は肥満が怖い?肥満の意外なリスク




゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ コメントについて゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

いつも、温かいコメントをいただき本当にありがとうございます!

コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方は訪問させていただき、

そちらにお返事を書かせてもらっています。

お持ちでない方にはこちらのコメント欄でお返事させてもらっています。

皆さんからのお言葉が日々の元気のもとになっています!

本当に感謝です^ ^

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚





レシピブログとブログ村のランキングに参加してます。
バナーを押していただくと、順位が上がる仕組みになっていて、とっても励みになります
もしお時間あれば下のレシピブログの2つのバナーをポチっとクリックお願いします