何かを始めてみたいと思っても、「なんとなく不安」で決断できず、あれこれ理由をつけてやめてしまった・・・。

そういうことってありますよね。

「失敗したらどうしよう」
「自分がこんな事したら笑われるかも」
「誰かに悪く思われるかも」


・・・など、考え過ぎてしまって怖くなり、やろうと思ったら出来るのに出来ない。

そして、「また、明日考えよう。」 「そのうちやってみよう。」となってしまう。


ミックス粉 ビスコッティ



その気持ち、とてもよくわかります!


実は、私もとても怖がりで、「失敗するなら、やめておいたほうがいいかも。」と思う人間です。

おまけに、人の目も気にして、
「周りの人に変と思われるかもしれないから、やめておこう」
「人から非難されるのも恐い・・・」 
とか、すぐ考えてしまいます。




ブログを書いたり、色々行動しているので、「うそでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、本当はもともとそんな性格です。

実は今でも何かを始めたり、挑戦する時には、とても怖いです。

でも、ある経験がしてから、怖くても、「今出来ることは、今やらなくちゃ!」と思うようになりました

そして、努力してとにかく一歩を踏み出すようにしています。

今日は、そのお話をしたいと思います。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


医学部の臨床実習では、患者さんに学生がついて勉強させていただきます。

私が内科実習でつかせてもらったのが、1歳歳下の白血病の男の子でした。


しかも、入院してきたのは、その数日前。

高熱が下がらず病院に行き、点滴をして帰ってきたら、針を刺していた部分がものすごい内出血になり腫れてきた。

慌ててもう一度病院に行き、血液検査をして、「今すぐに大きい病院に」と言われ、大学病院に来てそのまま入院になった。。という経緯でした。



当然、本人には病名も告知されていましたが、「あまりに突然のことで信じられない」と言っていました。

歳が近かったので、話も弾み仲良くなり、実習が終わったあとも、時々お見舞いに行きました。

雑談をしていただけなんですが、「先が分からなくて不安だから、しゃべっているだけで気がまぎれる」と言ってくれていました。




その後、骨髄移植のドナーが見つかり、骨髄移植をし、ついに退院出来ることに。

「看護師になりたい」という夢ができたことを話してくれて、
「退院後は看護師の勉強を頑張るよ」と言って家に帰っていきました。

私も、退院できて本当にうれしく、看護師になる夢は絶対かなうはず!と信じていました。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

でも、数ヶ月後、内科の病棟に彼が再入院しているのを見つけました。

慌てて会いに行ってみると、「再発が見つかった」ということでした。



もともと、予後の悪いタイプの白血病で、「移植をしても厳しいかも」という話は主治医の先生から実習中に聞いていました。

でも、せっかく看護師になる夢を見つけて、退院していったのに・・・・
信じられませんでした。


再入院後、化学療法による治療が始まりましたが、骨髄移植後にも再発してきた白血病細胞は強く、なかなか薬が効かず、副作用も出て・・・
うまく治療が進みませんでした。

でも、「もう一回移植をして、看護師になる夢を絶対に叶える」と、本人は決して諦めませんでした。

医学的に考えたら、非常に厳しい状況なのは私も分かっていましたが、いつか亡くなるなんて想像は全くできませんでした。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


治療がずっと続いて、時は過ぎて、その間に私は卒業して研修医になりました。

研修医になってからも、お見舞いには行ってました。

しかし、治療の副作用と腫瘍細胞でどんどん弱っていき、状態がかなり厳しくなり、ついに集中治療室に入ってしまいました。

でも、いつも、「絶対に治して看護師になる」と言っていました。

だから、私もきっといつかそういう日が来ると信じていました。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


ある日、その日もお見舞いに行こうと思い、集中治療室の前まで来ました。

でも、その日は仕事が遅くなり、自分も少し体調が悪かったので、「明日の朝にしとこうかな・・・」と思って、帰ってしまいました。

でも、彼はその夜中に亡くなってしまいました。




集中治療室の前まで行ったのに、明日でいいかと思って帰ってしまったこと、ものすごく後悔しました。

「明日がある」ことを当たり前に思っていたけど、そうではなかったんだと。


そして、看護師になりたいと強く願っていたのに、彼はどんなに悔しかったことか。

あんなに看護師になるために頑張ると言っていたのに、、その頑張る時間さえ与えてもらえなかった・・・。


それから、私は何かをやろうと思ってるのに、怖くなったとき、
「いつか、と思っていたら、そのいつかは来ないかもしれない。怖がってないで、今やらなくては!」と考えるようになりました。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



少し重たい話になってしまいましたが、そういうことがあって、怖くても一歩が踏み出せるようになりました。

もちろん、元々の性格がすごく臆病なので、迷ってなかなか決断できないこともあります。

こわくて、やっぱりやめてしまうこともあります。

歳もとってきたので、今すぐやりたくても、体力的に無理な時もあります。

家族もいるので、子どものことを優先してやめることもあるし、本当の意味で他人に迷惑をかけることは「やらない」という選択肢を取ることもあります。



でも、根拠もなく怖がったり、他人の目を必要以上に気にしているだけなら、やってみる。

やれないと決めつけないで、可能性が少しでもあればやってみる。

そう心がけています。


やってみて、失敗したこともたくさんあります。

でも、自分で決めた事だと失敗しても意外に後悔しません。

というよりも、結果は失敗としても、その過程は無駄にならないので、自分の中では「失敗」とはならないのかも。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



誰でも、明日があることは当たり前だと思ってしまいます。

私も、毎日「明日死ぬかも」と考えて、生きているわけではありません。

でも、本当は、今という時間はとても貴重なのです。

限りある人生なので、みなさんも、勇気を出して、「今」できること、ひとつだけでもやってみてほしいなと思います。





パンケーキミックス フロランタン



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 ↓ レシピ本、好評発売中です。


【Amazon.co.jp限定】忙しい人のための“一品で”栄養バランスが取れるレシピ―女性医師.../SBクリエイティブ

¥1,134
Amazon.co.jp



インスタグラムに幼稚園児のパン弁当をアップしてます。



↓ もし良かったらフォローしてください^^

Instagrama>


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


※こちらの記事も良かったらお読みください。

私の自己紹介

→ 
はじめましての方へ。 自己紹介です

はじめましての方へ、レシピについてのご説明。

→ 一品で栄養バランスが取れるレシピについて。


→ 料理と食事への想い。食べられない子供たちに教えてもらったこと。

→ 一品で栄養バランスに取れるレシピ。にこめた想い

だから、栄養バランスが取れた食生活は大切!と思えるエピソードはこちら。。

→ 【実話】こんな食生活は貧血に・・・

→ 【実話】ここまで!!超偏食の肥満患者さん

→ 救急現場でも肥満はリスク?! 


→ 健康は最強の家計節約になる訳。 


→ 麻酔科医は肥満が怖い?肥満の意外なリスク

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ コメントについて゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

いつも、温かいコメントをいただき本当にありがとうございます!

コメントへのお返事は、ブログをお持ちの方は訪問させていただき、

そちらにお返事を書かせてもらっています。

お持ちでない方にはこちらのコメント欄でお返事させてもらっています。

皆さんからのお言葉が日々の元気のもとになっています!

本当に感謝です^ ^

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚